英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

単語を覚えるも簡単じゃない?英語のインプットの質を高めよう!

2022/04/02

単語を覚えるも簡単じゃない?英語のインプットの質を高めよう!

 
英単語を一つ一つ覚えていく作業の様な学習に没頭する学生や社会人は多いと思います。単語や語彙力は、言語においてパーツであり無くてはならない存在です。しかし、ただ暗記するだけではいけません。今回は、単語を覚えるも簡単じゃない?英語のインプットの質を高めよう!についてお伝えします。
 

単語は単品ではない!

 
言葉において単語は組み合わせて使うもの。情景を伝えたり、意思や感情を表現するための、パーツです。英語学習をする際に、単語を一つ一つ覚えていく作業に没頭している方は多いことでしょう。この単語と言うパーツを沢山持っていなければ、バリエーション豊かな会話は成り立ちません。
 
ですので、単語を沢山覚えることは何も悪いことではなく、大事な学習です。
しかし、単語一つ覚えるのも簡単ではないと感じたことはありませんか?
 
例えば、日本語で「ご飯」という言葉を連想したとしても、ご飯を食べるのか?作るのか?写真を撮るのか?文章を構成する内容によって景色は変わります。英語も同じで、単語単体で言葉として伝わる物は少なく、文章にしなければなりません。
 
ただ一つの単語を覚えるにしても、どういったシーンで使う言葉なのか、どんな発音で発しなければ相手に伝わらないのかまで、考えて覚えなければなりません。
単語一つをとっても質を高めた英語学習にすることで、高い英語力を養うことにつながります。
 

英語のインプットの質を高めよう!

 
英単語一つ覚える際に、単語の意味とスペルを覚えることはしても、発音やイントネーションに、その言葉を用いるシーンなどまで考えて単語を覚えている方は少ないと思います。
 
しかし、単語を覚える際に、切り離された情報として覚えるのではなく、言葉の使い道であったり、会話で伝わる発音などにまで気を配ると、より単語への意識が高まり、一言一言に意味を持つようになります。そして、意識に刷り込まれることで、会話などでも使えるようになる語彙が増えていきます。
 
単語一つとっても、曖昧に覚えるのではなく、意味・音・使うシーンにまで色を付けることで、英語の情報量を増やしても使い方にまで意識を向けることができ、より英語力の質が上がります。ただ覚えるのではなく、その先の使い道にまで考えてインプット学習することが、英語力向上やアウトプットに繋がる英語学習に繋がるのです。
 

まとめ

 
英単語は、英語初心者が一番初めに取り組むインプット学習でもあります。沢山覚えるほど、会話の幅も広がることでしょう。そのため、覚えなければならない情報でもありますが、覚えるだけではいけません。どうやって使うのか、英文を構築する方法などまで考えて覚える必要性があるのが単語です。単語単独で暗記したとしても、活用シーンや活用の仕方が分からない。これでは英語力は伸びませんので、英単語を覚えるにしても、英語力アップにつながる覚え方に取り組んでいきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約