英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

転職を有利に。市場価値が高まる英語レベルはどれくらい?

2024/02/01

転職を有利に。市場価値が高まる英語レベルはどれくらい?

 
英語力は市場価値を高めてくれるスキルの一つで、転職活動を有利にすすめるためには注目したい能力になります。しかし、どのレベルでも評価されるというわけではありません。今回は、転職を有利に。市場価値が高まる英語レベルはどれくらい?についてお伝えします。
 

英語力は転職で有利になる?

 
海外からの移住者や外国人労働者も増え、共に働く仲間であったり、クライアントやお客さんが外国人というケースも多くなってきたため、英語力を保有している人材を欲する企業は増えています。
また、英語力を保有していることでグローバル企業へ転職したり、国内に留まらず海外就職も視野に入れるようになるため、選択肢の幅が広がるというのは大きなメリットとなります。
 
英語力がある人材が増えることで、海外まで市場拡大を狙えたり、勤務している外国人と円滑なコミュニケーションを行えることで生産性が上がるため、英語習得者は評価され転職では有利になります。
 
また、日本人は英語の必要性を感じ、学習に励むも挫折してしまう人がいまだに絶えない状況です。語学は長い期間継続的な学習が必要であり、忍耐力、時間管理力など仕事においても重宝されるスキルが備わっていることの証明にもなるため、英語というスキルだけではなく英語を習得した課程が評価され、ポテンシャルの高さも買ってくれるでしょう。
 

習得しておくべき英語力の目安

 
一般的に企業が求める英語レベルはTOEIC600程度。外資系や国際部門での採用においてはTOEIC700点以上が目安になります。
しかし、これは最低ラインと考えなくてはなりません。
 
以前までは聞く、読むの2技能を測るTOEIC L&Rを英語力を測る指標にしている会社が多かったのですが、実際に実務をこなすとなるとListening/Speaking/Reading/Writingの4技能が必要となってくるケースもあります。
面接や書類審査で有利になる英語力を証明したいのであれば、ビジネス英語力を測定するTOEICにおいても話す、書くのアウトプット力を証明することになるTOEIC S&Wの試験も受け、結果を残せるように努めておくことが大切です。
 

まとめ

 
英語力があることで転職を有利に進められると言えますが、企業が求める英語レベルによっては、有利に働かない可能性があります。そのため、使える英語力に焦点を当てて英語学習に励むことが重要です。
市場価値を高めるためだけではなく、収入にも影響を与えるスキルとなりますので、キャリアアップを望んでいる方は、英語習得に挑戦してみてはいかがでしょうか。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約