英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

空港での接客業務を担当するグランドスタッフに必要な英語力

2022/07/02

空港での接客業務を担当するグランドスタッフに必要な英語力

 
日本の窓口となる空港で働くグランドスタッフは、搭乗手続きから乗客の案内などの接客業務を行い、日本人だけでなく多くの外国人とのコミュニケーションが求められる業務となります。今回は、空港での接客業務を担当するグランドスタッフに必要な英語力についてお伝えします。
 

グランドスタッフの業務

 
グランドスタッフは、チェックインカウンターで航空券の発券や座席の指定に乗り継ぎの案内などをサポートする搭乗手続きと、航空機が時間通りに出発できるように、搭乗ゲートにて乗客の案内をする搭乗案内の業務を担当することになります。
 
業務内容の中には、予約の電話に応対や乗り継ぎ関連に荷物を預かるといった業務だけでなく、さまざまなトラブルへの対応もしなければならないケースも存在しており、空港内でも搭乗客とのやり取りが多い職業です。
 
そのため、日本人だけでなく外国人との接点も多いことから、高いコミュニケーション能力に判断力や説明力が必要とされます。外国人を対応する場合には、英語などの語学力も必要となるため、非常に多くの能力が求められる職業でもあるのです。
 

グランドスタッフに必要な英語力

 
国際化が進む現代において、海外渡航者も大勢います。コロナ禍の影響により海外からの渡航者が減ったと言っても、ワクチン接種が進む今、その状況も少しずつ改善されてきています。
 
グランドスタッフで将来働きたいと考えている学生に求められる能力はいくつかあります。まず、グランドスタッフは、飛行機を安全に遅れなく出発させることを常に考えています。そのため、ゲートスタッフやカウンタースタッフにキャビンアテンダントなど多くの方と連携し、トラブルを未然に防ぐ必要性がります。そのため、スタッフ同士でのコミュニケーション能力や対応力が非常に重要です。
 
また、カウンターやゲートなどでは、外国人の搭乗者とのコミュニケーション能力も必要不可欠で、なぜお客様が困られているのか?何を聞きたいのかなど、その問題を解決するための方法・手段を提案しなければなりません。
 
そのため、高いレベルの英語力が必須となります。一概に、英語検定2級以上、もしくはTOEIC550点以上の英語力が望ましいといった情報だけを頼りに勉強するのではなく、しっかりと使える英語力を身に付けることが重要であることも忘れてはいけません。
 

まとめ

 
グランドスタッフになろうとする学生も多く、倍率の高い人気の職業です。
求められる能力も多く、判断力や対応力にコミュニケーション能力、英語などの語学スキルといった能力が必要です。また、接客業務で空港と言う環境ほど、さまざまな国の方とも関りを持てる仕事もありません。
グローバルな仕事に就きたいと考えている学生には、グランドスタッフはおすすめです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約