英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

海外勤務は誰もが望む条件ではない!英語が出来ないと困る業種

2022/09/02

海外勤務は誰もが望む条件ではない!英語が出来ないと困る業種

 
就職活動中の学生にとって海外勤務のある業界は敬遠したいなどの想いを抱くケースもあるでしょう。しかし、意外と海外勤務といった条件は応募要項などに記載がない場合も多いのです。今回は、海外勤務は誰もが望む条件ではない!英語が出来ないと困る業種についてお伝えします。
 

海外勤務は誰もが望む条件ではない!

 
国際化が進む現代において、大手企業や商社など海外支社がある企業では、海外赴任となる勤務を依頼される社員も少なくはありません。しかし、全ての社員が海外勤務を望んでいるという訳でもありません。
 
その理由は人によっても違いますが、英語などの語学力が低いことや所帯を持ち家族を置いて海外赴任するのは厳しいや家族を連れて海外に行くのは不安など、海外への勤務は遠慮したいと考える方はいます。
 
企業によっては、海外勤務の経験がなければ昇進などが出来ないなどの基準を設けていることもあるため、海外勤務を断ることで自身のキャリアにも影響を及ぼすことにもなるので、断るべきではないというケースもあるのです。
 
そういった企業に就職しなければ良かったと考える方もいるでしょうが、応募要項には、海外勤務の有無や昇進条件といった内容が記載されていないことが大半ですので、就職してから知ることにもなるため、回避は難しいと言えるでしょう。
 

英語が出来ないと困る業種

 
英語が出来ないと困る業種は、一般的に商社や外資に大手企業などの国際ビジネスを展開する企業といった印象を持つ学生が大半でしょうが、現在のグローバル化では、どのような業界であっても英語などの語学が必要となるケースが多いことを理解しておきましょう。
 
これは、クライアントに海外企業がいる事や、サービス業などでもユーザーに外国人が利用することも考えていかなければ、大きな利益を上げることができない経済的背景まで理解していなければならないのです。
 
従って、海外出張や海外赴任がない企業であっても、英語力が必要となるシーンが多いと言えるのです。ですので、英語レベルを引き上げておくことをおすすめします。
企業によっては、昇進や昇給の基準にTOEICスコアを活用することもあるので、英語学習に時間を費やし成長させることがデメリットとなることはありません。
 
むしろ、英語力が高いことで、幅広い仕事を任せられるようにもなり、仕事への意欲やモチベーションアップにも繋がることでしょう。また、転職などを考えた際にも語学力といった強みがあることで、自身の望むキャリアチェンジも行えるようにもなります。
 

まとめ

 
グローバルな世の中になり、海外勤務を頼まれるような企業は増えています。
しかし、企業によっては、海外勤務が必要となるなどの情報を発信していないケースもありますので、就職後数年経験を積んでから依頼される事も少なくはありません。
そういった際に断り、昇進などのチャンスを棒に振ってしまう可能性も考えられます。
 
英語を苦手としている方もいるでしょうが、正しく学習することで英語力は誰もが養える能力だと考えられます。現代のビジネス戦略を考えれば、英語などの語学力が必要不可欠な時代へと変化していますので、時代にあったスキルアップに励むことも大切なのです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約