英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語習得をあきらめない!成長するきっかけが多いのは社会人

2020/06/03

英語習得をあきらめない!成長するきっかけが多いのは社会人

 

英語学習において重要なのは、対人でコミュニケーションを行えるレベルまで高めることです。社会人になると、英語が必要なシーンが増えてきます。ですので、英語習得をあきらめる必要はありません。社会人になってからでも習得は可能です。成長するきっかけが多い社会人は効率よく英語習得を目指せる理由についてお伝えします。

 

社会人は学生よりも英語を使える環境を整えやすい

 

英語は自分自身の考えや思いを相手に伝えることや、相手の思いを聞き取るコミュニケーションツールです。文章を構築することができて、やっとその能力を発揮できます。
学生時代の英語学習は、文法や単語を暗記することが大切とされ、ペーパーテスト対策に固執し、コミュニケーションが行えるようになるカリキュラムは組まれていません。

 

ですので、学生時代に英語を習得するといったケースは難しく、留学先や英語を主体とする大学などに進学しなければ習得できないといった状況です。そのため、就職した学生の大半は、英語が話せず社会人になってから英語を学ぼうとすることの方が多くなります。

 

必要に迫られるからこそ大人になって英語習得に励むことにもなりますが、実は大人になってからの方が英語習得のチャンスも増えることもあります。
企業によっては、海外に子会社を持っていることや海外とのやりとりがある企業も少なくはありません。そのため、英語が少しでもできれば海外出張など、海外で経験を積むことができるため、英語を使う機会も増えますので、国内にいる時よりも英語習得の可能性は高まります。

 

社会人になってからが本当に英語が必要となる

 

学生時代の英語は、どちらかと言えば、進学や就職のためにやらされている感の強い学習となりますが、社会人で必要とされる英語は、企業にとって利益を生むための物になるので、非常に重要な役割を担っているのです。

 

学生時代に学ぶ英語の大半は、ペーパーテスト対策の英語であり、使える英語力の向上を目指すものではないため、英語が話せるようになる事は、ほぼありません。
これでは、学校教育を経ても本物の英語力は身に付きませんし、社会人になっても成長させることは困難となります。

 

また、経験を積める環境にあるのにもかかわらず、フィードバックのない状況で、英語学習に励んでも正解を導き出せません。これでは、失敗に恐れ挑戦するモチベーションも下がってしまいます。

 

正しい英語力を身に付けたい方は、Libertyのグラマーテーブルという英語学習法を取り入れてはいかがでしょうか。グラマーテーブルにより、英語の構造や規則を理解することで「英語の正解」を把握できるようになるため、最短かつ確実に高い英語力を身につけることができます。

 

まとめ

 

本格的な英語力を身に付けるには、暗記力だけでどうにかなる問題ではありません。
暗記した単語や文法を正しく使えるようにアウトプットする期間も重要なのです、そこでの失敗は経験値を上げるための学習です。正しい英語を理解し、使うことで完璧な英語へと近づいていくため、社会人の方は英語習得を諦める要性はありません。むしろ、使える環境が増えるため、大人になってからが本番だと意識して英語学習に励んでみてはいかがでしょうか。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約